人間関係に悩む

わたしはNLPというコミュニケーション心理学を教えています。

そしてもちろん自分自身でも大変よくその心理学を使っていますので、人間関係で悩むなんてことは皆無です。

わたしにとって人間関係はとても楽しいものですし、なくてはならないものです。

むしろ、人との暖かい交流・・または暖かくなくてそれがたとえトラブルであったとしても、それですらわたしにとっては楽しいことですし、むしろ生きている感覚を強めてくれるものです。

この世に人がいることは、わたしにとってそもそも福音なのです。

 

 

だけど、世の中には人間関係がいつもトラブルとか、そもそも人間と関わることが苦痛・・・という方もいらっしゃると思います。

実はそういったことは(得意か?苦痛か?)びっくりするほどわかりやすく、その理由がホロスコープに載っています。わたしが見たら一目瞭然です。

 

 

 

人には、わたしのように人間関係が特に大事で、コミュニケーション大好きな人もいれば、そもそも人と関わることが苦痛で、得意としない(人生のテーマとしない)人もいるのです。

どっちかいいとか悪いとかではなく、ただの得手不得手です。

人間関係が苦手・・・という人は実は、仕事だったら超得意なんてことがあります。

その反対に、人間関係は得意だけど、仕事はなかなかうまくいかない・・・そんな人もいるのです。

天は二物を与えず、そんなものなのです。

 

さて、人間関係が得意という人は、16時台に生まれていて、太陽星座が7ハウスの人間関係の部屋に入っていたりします。

もちろん、それだけで一概に人付き合いが得意とは行きませんが、多くの場合、16時台(7ハウス)に生まれた人は人付き合いが得意でしょう。

または7ハウスに木星が入っている人はおそらくほとんどが人間関係にトラブルを抱えていないでしょう。

それどころか、人付きはいは得意中の得意でしょう。

 

逆に、人間関係があまりうまく出来ないという人や、いつもトラブルになると感じている人は、人を表すホロスコープの部分にあまり天体がなかったります。

だけど、そういう人というのは、今世の生まれてきたテーマが人間関係でないというだけで、本当は別のところに生まれて来た意味があるのです。

 

それなのに、そういった自分の人生のテーマを知らずに、友達が人付き合いを楽しそうにしているのを見て羨ましいと思ってしまったり、

みんなと仲良くすべき!という固定概念の強い親に育てられて(風星座の親がダントツ1位でそう言いがちです。)本当はそこを見なくてもいいのに(人間関係がテーマじゃないのに)自分もそうしなきゃ!なんて思ってしまいます。

 

そんなことを思う必要ないんです。

 

他の人が大切なことが、あなたにも必要なことだなんてことはまずありません。あなたにとっての大切なことは、あなたにしかわからないのです。

 

だから、ホロスコープを知って自分に必要なものは何か?とか、自分の得手不得手をちゃんと知るようにしてください。

そして、他の人から言われたから自分もそうしなきゃ、なんて思っていることがあるのなら、今すぐそれをやめるべきです。

 

あなたに合わないのにやり続けることは、ストレスにしかならなく、あなたのパフォーマンスを著しく引き下げます。

あなたのことは、あなたにしかわからないし、あなたにしか変えられないのです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。