男と女

あるところに一人の男がいました。

男は支配的で我が強く強欲でした。

 

男の側に一人の女がいました。

女は美しくたおやかで優雅でした。

しかし女には欲がなくあるがままでした。

自然で無理が全くなく、流れるように生きていました。

 

男は女を支配しようと必死でした。

なんとかして自分の言う通りにしよう、自分の思ったようにさせよう、そんなことばかりを考えて、実際にそう行動しました。

 

ところが女は男の言うことをに全く耳を貸しませんでした。

支配されようともせず

言うことを聞くわけでもなく

あるがままでした。

 

女は男から見るといつも幸せそうでした。

 

ゆるやかに微笑みをたたえていて

行動はゆったりでした。

 

 

 

男は女のその余裕がどこから来るのか知りませんでした。

そして同時にどうしてもそのことが知りたくも思いました。

 

本来の強欲さとわがままさが手伝って、無理やり女に『なぜお前はそうなのか?』とせまりました。

 

でも女は相変わらず豊かな微笑みをたたえた表情で男を見返すばかりでした。

 

男はこの世の全てを我が手中におさめたかったので、山を切り開き、大地を汚し都市を作り、自分の精力を拡大させて行きました。

それには大変な苦労が伴いました。

男の手は切れて血が吹き出し身体中が汚れていました。

しかし男は自分の欲を満たしたかったのでがむしゃらに頑張りました。

男はある程度、自分がほしいのもの手に入れました。

男はそのことで少し満足しました。

しかし相変わらず、美しくたおやかな女だけは手に入りませんでした。

 

ある時、猛烈な嵐が大地を襲いました。

 

男が切り拓いた山はあっと言う間に崩れ、都市は崩壊しました。

男の大地に対する傍若無人な様に神様が怒ったのです。

 

男は、自分が切り拓いた山や、作り上げた街がどんどん崩壊していく様子に、大変なショックと絶望を感じて叫びました。

 

俺の作り上げたものを壊さないでくれ!

 

でも神の怒りはとどまることを知りませんでした。

山は壊され、街も破壊されていきました。

心の底からうちひしがれた男は、女の元に向かいました。

 

どうかこのわたしを助けてくれ!
神が怒りを鎮めてくれるように頼んでくれ!
お願いだ!

 

女はいつものそうであるように、静かにおごそかに神に祈り始めました。

するとみるみる嵐は収まっていきました。

女は神と通じていたのです。

 

 

男はそれまでの自分の在り方を振り返りました。

良かれと思ってやってきたことは、自然の前ではかくも小さく非力なものだったのだと、大きな痛みとともに思い知りました。

 

なんでも手に入れられる
なんでも思った通りになる

 

その在り方がいかに間違っていたものなのか?ということを理解しました。

 

何もできない、何も作り上げあれない、弱くて価値がないと思っていた女が実は、本当の価値を持っていたことを知りました。

 

男は自分の在り方を大いに反省して、女に仕えることを決意しました。

無理やり自分の思い通りにしようとすることを一切やめ、女の話に辛抱強く耳を傾けました。

ある意味それは男にとって、血だらけになり山を切り拓くことよりもよっぽど大変でした。男にとってはとても忍耐のいる作業でした。

 

ところが、女と一緒にいた男の手は、みるみる傷が癒え、痛みが消え去り本来の美しくたくましい男によみがえりました。

男は、女のために狩をする自分、女の役に立っている自分に今までに感じたことのない深い喜びを感じました。

それを見た女は満足そうに微笑みました。

その微笑みは最初の時見たたおやかな微笑みのままでした。

 

男は生涯女の側で女のために生きました。

それは大変豊かな一生となりました。

男は年老いて、幸せの中で息を引き取りました。

神の愛そのものである女とともにいた男は、その後人として生まれ変わることはありませんでした。

彼も神の一部になったのです。

 

 

おわり

 

 

* * * * * * * * *

 

NLP(星と心理)の中のメタファーというスキルを使って書かれています。

物事はダイレクトに直接的に相手に伝えるよりも、例え話を使って相手に伝える方が、よっぽど伝わりやすいものなのです。

 

* * * * * * * * *

春期🌸募集中

星と心理で運命を動かす 春期🌸
(NLPプラクティショナーコース)

●日にち:
【東京】4月 9日(土)10日(日)
※4〜8月まで 全10日間
【大阪】4月16日(土)17日(日)
※4〜8月まで 全10日間

●場所:東京池袋・大阪江坂

●講座内容詳細こちら

※お申し込みはこちら↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。