心の穴(過食と買い物依存)

時々街を歩いていると、その体型になるまでどうして食べ続けてしまったの?と本気で聞いて見たくなる体型の方にお会いすることがあります。

その方の悪口とか、見下すとかそういうことではなく、海王星蠍座世代のわたしは単純に(どんなメンタルだとその結果になるんだろう?)と疑問なのです。

 

それが何であっても人の心理にフォーカスが行ってしまうのは、※海王星蠍座世代に共通して見られる特徴です。

※海王星蠍座世代とは?:1956年〜1970年に生まれた世代。蠍座は人の心理に興味がある人。そして海王星という天体はその人が何に興味を示すのか?ということを司る。

 

過食や買い物依存などは、単純にその人が悪いからとか、性格がだらしないからそうなっているということではないと思います。

食べるのが好きだから過食になるとか、ものが好きだから買い物ばかりしているのではなく、

 

心の中に何かがあるから
(または何かがないから)

 

過食に走ったり、買い物依存になったりするのです。

 

その元となっているのは、心の中に存在する穴です。

 

 

先日カウンセリングをしていると、こうおっしゃる女性がいました。

 

👩最近、あんなに好きだった洋服の買い物がすっかり減って、なんならもう興味すら湧かないんです。洋服にお金を使うことが減りました。

 

わたしはそれを聞いてピンと来ました。

その方はホロスコープで言うところの7ハウスに太陽が入っていて、7ハウスは【結婚・パートナーシップの部屋】なのです。

その方は今年になって結婚が決まりました。

40代が目の前に迫ってくる年齢になってのパートナーの出現と結婚。

この世に生まれた意味である結婚・パートナーシップのテーマが落ち着いて、無意識がすっかり安心したのでしょう。

 

お伝えしたいこと、わかりますか?

 

太陽が7ハウスに入っている人は、人生に自分の片割れとなるパートナーがいない限り、心のどこかにぽっかりと満たされない穴が空いた状態なのです。

なぜなら太陽7ハウスの人は【結婚・パートナーシップからの学び】が生まれた意味なのです。

そこが達成されていない限り

 

・何か満たされない感じ
・大切なことをやっていない感じ
・自分自身じゃない感じ

 

いわゆる心に【満たされない何か】があるような感覚をずっと持ち続けます。

そしてその満たされない何かを満たそうとして、それ以外の代替品・代替行為で満たそうとするのです。

それが彼女にとっては大好きな洋服を買うことだったり、自分のお気に入りのものを買うという行動だったのでしょう。

(彼女は地星座さんでした。)

 

だけど、そもそもの魂の目的を果たした彼女は、代替品でその満たされない感じを満たす必要がなくなった。

すると、代替行為だったものはもう必要なくなるのです。

 

* * * * * * * *

 

食に走ってしまう方の本当の原因がなにか?は、その人によって必ず違っているので、一概に心の穴のせいだとは思いません。

中には、DNAによってそのように働いてしまう人もいるようです。

そういう場合は除きますが、心が過食に関係していることは多いにあると思っています。

 

わたしも、過食しすぎるというほどではなくても、一人ぼっちと感じると、食で満たそうとする行動をとることがあります。

 

前はそんな自分の行為の意味を気づきもしなかったけど、心のことにずっと向き合う仕事をしていて、だんだんわかってくるようになってきました。

 

あなたはどうですか?
止められない過食や、それ以外の行動はありませんか?

SEX依存や不倫を繰り返すなどの行為もきっと心の穴と関係している気がしています。

 

心の穴。

自分で見に行かない限り決して埋まることはなく、それによってあなたはあらゆる無駄でもしかすると健康によくない行為をやり続けてしまうかもしれません。

見に行かなければならないのは、それをやらせている大元の自分の心です。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です