占星術と霊感(12ハウスの話)

占星術をお伝えする仕事をしていますが、霊感や霊力や霊障などの話に必ずなります。

 

海王星なのか?魚座なのか?それとも違うものなのか?

いろいろいろいろ研究して参りましたが、やっぱりここに落ち着きました。

霊感・霊力との関係は12ハウスだと。(早朝の6時台〜8時台頃に生まれた人。)

 

星座で言うならスピリチュアル(霊感)を意味する星座は魚座ですが、これは魚座ばかりがそうなのではなく、時に山羊座で霊感ある人や他の星座でもそういった能力を持っている人はいます。

 

だけど、ホロスコープの12ハウスと霊感はやはり切りはなせないかな?と思っています。

 

 

12ハウスの教科書的な意味は【閉ざされた空間・秘密の部屋・目に見えない場所】などと言う意味があります。

文字づらだけ見るとちょっと暗い、おどろおどろしい雰囲気ですよね。

 

でも実際はそういったことはありません。(暗いとかおどろおどろしているとか)

 

12ハウスは魚座の意味の部屋で、わたしは太陽星座が魚座なので、上記の【閉ざされた空間・秘密の部屋・目に見えない場所】これらの意味することがとてもよくわかります。

 

魚座は一人でいる時間が絶対に必要であり、それは閉ざされた空間(他の人に邪魔されない場所)がよく、誰からも心配されたり気にされない見えない場所であることがいいのです。

魚座は他者が自分を気にかけていると知っただけで逆に【その人のことが気になってしまう星座】です。

だから、誰にも知られない場所でひっそりと自分をリペアする必要があるのです。

 

だけど、別に積極的に秘密にしているわけではないんですけどね(笑)

なぜか秘密と見えるんでしょうね。

 

 

さて、12ハウスの霊感について話すと、12ハウスに太陽が入っている人(時には月が入っている人も)の霊的体験や、直感力・インスピレーションはやはり、他の1〜11ハウスのどのハウスにもない特徴であり才能です。

12ハウスの人が言うことをまとめると、どうやら目に見えないあちらの世界に半分意識が行っちゃってる感覚らしいんですよね。

あちらの世界につながる扉があるのがもしかすると12ハウスなのかもしれません。

 

12ハウスに太陽が入っている人が必ず言うことがあります。それは、

・ご先祖さまに守られている気がする
・ピンチが有った時(事故など)おじいちゃん(またはおばあちゃん)など、すでに亡くなった人が守ってくれた感じがした

 

ご先祖というとどちらかというと4ハウスのイメージがありますが、ご先祖と言う言葉を使うのは圧倒的に12ハウスです。

やはり、あちらの世界につながっていて、あちらの世界のエネルギーを他のハウスより受け取りやすい気がするんですよね。

 

だけどわたしが思うのは、12ハウスの人が特別ご先祖に守られているのではなく、あくまでもそれを感知しやすいのが12ハウス太陽の人で、本当はどのハウスの太陽の人でもご先祖や守護霊の御加護は受けているはずです。

 

でも、直接それを感じられる12ハウスの人はなんだかちょっと羨ましいですね😊

 

昨日のYouTubeライブでは、そんな12ハウスの住人の人にたくさんコメントで興味深いお話しをしていただきました。

気になる方はぜひ見てみてくださいね↓

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。